木造住宅の住み心地

自然と調和する木造住宅

トップ / 自然と調和する木造住宅

木造住宅が見直されている

これから新居を構えようと考えている方には、木造住宅の建築をおすすめします。従来の工法では、木造というと火災に弱く、地震にもあまり強くないイメージでしたが、最新の工法で建てられた木造の住居は特殊な方法で天災に強い住宅にすることができます。木造のメリットはその自然との調和にあります。木は呼吸していますので、住居として住む人に精神的な安定とナチュラルな住み心地をもたらします。特に子育て中の家族には、木の住み心地のよさを実感してもらいたいものです。落ち着いた住み心地を求めるなら、木造住宅がぴったりです。

木造住宅で健康な毎日を。木でできた家は通気性にすぐれ、湿気の多い日本の夏でも比較的快適に過ごせます。押入れの湿気やカビに悩まされることも少ないでしょう。

注文住宅の魅力について

家を購入する際、中古ではなく新築で建てるのであれば、設計会社とよく相談し、注文住宅として建てると自分のニーズにあった家を建てることができ、快適に暮らすことが可能になります。バリアフリーについても障害の状態によって必要な対処が異なってきますので、よく相談するとより暮らしやすい家になります。特に長く住もうと考えている場合は注文住宅として家を構えることがおすすめです。それほど購入価格があがるわけではありません。

住まいの防災に関する情報