住まいの防犯対策

住まいの防犯を考える

トップ / 住まいの防犯を考える

安心して暮らせる住まいの設備

安心して暮らすことのできる住まいに必要な設備としては、防犯に関する設備があります。例えば、玄関の扉をダブルロックタイプの物にしたり、鍵をディンプルキーにしたりすることで、ピッキングを予防することができます。また、窓ガラスを割れにくいタイプの物にしたり、センサーを設置したりすることで、窓からの侵入を防ぐことができます。あと、玄関を開けずに来客の顔を確認したり応対したりすることができるTVモニター付インターホンの設置や、夜間に人が近づくとライトが点灯するセンサー付きライトの設置も住まいの安全を守るのに有効です。

戸建ての有効的な防犯対策

住まいの環境によって防犯対策も検討しなければなりません。集合住宅と戸建てでは守るべき対象が異なります。では戸建ての場合、どの様な点に着目して対策をとればよいのでしょうか。まず初めに、守るべき対象を明確にしましょう。まず思い浮かぶのが強盗や空き巣被害ではないでしょうか。そういう面から、「財産」と「人命」について検討されると良いと思います。次にリスクの高い場所を考え、侵入されやすい個所や保管場所においてセキュリティをしていけば良いのです。また在宅時の被害では命に関わるケースもありますので、非常通報システムを活用されると安心です。いずれにおいても、警備会社のセキュリティシステムを導入されておくと住まいの安心・安全がより一層強化されると思います。

住まいの防災に関する情報