住まいの防災対策

住まいの防災を考える

トップ

住まいの防災について

年々、住まいの防災への意識が高まりつつあります。日本はプレートが何枚も重なった上にあり、地震の多い国として有名ですが、対策として、米や水、缶詰などの食料の備蓄やヘルメットや懐中電灯の常備、家具への耐震対策を行う家庭が増えてきています。食料などは、一週間から二週間分を用意し、避難経路などを事前に確認しておくことが大事です。食器棚や本棚、あるいは仏壇などが地震にも耐えられるように壁に固定する商品が数多く販売されており売り上げを伸ばしています。また、家そのものの耐震性が強化された物件なども売られています。住まいの安全を守るには、こういった情報を日頃から収集しておくことも重要です。

効率のいいマンション大規模修繕工事の詳しい情報はこちらで。
移動昇降式足場が今、注目されています。簡単に設置でき狭小住宅など狭いスペースでも利用可能。

防災空間の環境について

住まいでは、火を使うことが当然であるため、防災に注意する必要があります。特にキッチンや寝室などは、火災が発生しやすく注意が必要です。室内では、カーテン生地や壁の下地材などに配慮する必要があります。コーディネートだけでなく、機能性や素材から選択することが需要になってきています。また、現在は火災に配慮して、キッチン周り、廊下、洋室などに火災報知器を取り付けることが、義務づけられています。種類も様々なものがあり、煙を感知して音がなるものや熱を感知して音がなるものなど、様々です。住まいを快適な環境にするためにもこういった装置の取り付けも大切です。

賃貸 伊丹地域に特化した会社だから。
地域の情報をしっかりと把握している不動産会社だからこそ、おすすめの物件を御紹介してくれますよ。こちらのサイトから。

住まいの防災に関する情報